当ブログでは、Blog、SWELL、日常生活、お出掛けについて発信しています。

【WordPressテーマ】『SWELL』を1カ月利用して分かったメリットとデメリット

どうも!さるるです。

無料テーマ『Cocoon』から有料テーマ『SWELL』に乗り換えてから1カ月ほど経ちます。

そこで今回は

『SWELL』を1カ月利用してみて分かったメリットデメリット

について書いていきます。

目次

『SWELL』のメリット

『SWELL』を1カ月利用して分かった大きなメリットは以下の5つ。

メリット
  • 初心者でも簡単にブログデザインを感覚的にいじれる
  • 記事を書くのが更に楽しくなる
  • 頻繁にアップデートが行われる
  • 装飾や機能が充実している
  • テーマ移行が簡単にできる

上記の5点以外にもメリットはたくさんありますが

その中でも1カ月使用してみて、これだ!って思えたメリットを挙げてみました。

初心者でも簡単にブログデザインを感覚的にいじれる

カスタマイズ画面で軽くポチポチ押すだけで

つけるだけでオシャレに見える記事スライダー訪れたくれた方にインパクトを与えられるメインビジュアルなどの設定が簡単にできて

シンプルでオシャレなサイトを作れるのが『SWELL』の良いところです。

また

ブロックエディターを使う事によって直感的にカスタマイズが可能です。

ブロックエディターとは

WordPress バージョン5.0以降で標準搭載されているエディター。

各ブロックを組み合わせながらコンテンツを作り上げていきます。

ブロックエディターを使って簡単にトップページを作ってみました。

上のように各ブロックを組み合わせて簡単にトップページを作れます。

記事を書く時と同じような感覚でトップページをカスタマイズ出来るのが良いですね。

上で作成したページは以下のような

使用しているブロック
  • 投稿リストブロック
  • タブブロック
  • SWELLボタンブロック

などのブロックから作られてます。

投稿リストブロック
タブブロック
SWELLボタンブロック

他にも多数のブロックがあり、使い方次第でオシャレなデザインに出来ます。

CSSの知識不要でパソコン苦手な僕でも簡単に作れたのが良いです。

記事を書くのが更に楽しくなる

SWELLを使ってて言えるのが何より

さるる

使い勝手が良くて記事を書くのが楽しい

SWELLの評判を見ると皆 「楽しい」と書かれていて

導入前はずっと

ブロックエディターの何が楽しいんだろ?

と思っていました。

ですが

いざSWELLを少し使って慣れてきたら、皆が言う楽しいはこの感覚か!!とたしかに納得出来ました。

装飾や機能が充実していて、パズルを埋め込んでいくような感覚で記事を作成できるのでほんと楽しいです

無料テーマ『Cocoon』からの乗り換えでしたから余計実感出来ました。

頻繁にアップデートが行われる

SWELL開発者の了さんがSWELLに対する想いが強く、頻繁にアップデートが行われます。

利用している側としては機能がどんどん充実していくのでとてもありがたいです。

今後もバージョンアップされ更に使いやすくなっていくと思うと期待ですね。

ちなみに、開発者の了さんはTwitterもやっています。

上のように次回のアップデート告知とその内容をツイートもしてくれますし

分からないことがあったら気軽に問い合わせることが出来るのはとても助かります。

装飾や機能が充実している

SWELLでは装飾や機能がかなり充実しており、記事を作成するのがかなり楽しくなります。

装飾やエディター機能がどのようなものがあるかいくつか例をあげてみますね。

Good

チェック

ポイント

はてな

方眼

単体で使えたり、ブロックの組み合わせたりして使用することも出来ます。

  • はてな
  • 方眼
  • リスト

以下はSWELL独自のSWELLブロック機能の一部です。

キャプション付きブロック機能

キャプション付きブロック

こんな感じや

キャプション付きブロック

こんな感じ

ステップブロック機能

美味しいカップラーメンの作り方

STEP
蓋を開けます

閉じられるように半分まで開けましょう

STEP
お湯を入れましょう

線までお湯をいれて3分待ちましょう

STEP
完成

美味しいカップラーメンの出来上がり♪

SWELLボタンブロック

このボタンブロックは便利なことに計測機能の設定も行えます。

これら以外にも、下図のようにSWELL専用ブロックの複数のエディター機能が用意されています。

このように機能が充実していて、記事を作成するのが楽しくなります。

『SWELL』にはどのような魅力的な機能があるのかもっと知りたい方は下の記事も参考に見てみてください。

テーマ移行が簡単にできる

SWELLでは移行用プラグインが用意されている為、テーマ移行が簡単に出来ます。

他のテーマでは結構

移行したらデザインが崩れて治すのにかなり時間が掛かった・・・

など聞きますがSWELLでは乗り換え用プラグインが用意されているので記事のリライトを最小限に抑えられます

僕がリライトした内容は以下の通りでした。

  • 吹き出し
  • マーカー
  • フォント
  • テキストの色
  • アフィリエイトリンク

乗り換え用プラグインが使えるのは以下の5テーマのみになります。

SWELL乗り換え用プラグインを使用できるテーマ
  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • Cocoon
  • THE THOR

  1. ブロックエディター完全対応
  2. 初心者に優しい
  3. CSS知識が不要でオシャレなデザインにできる
  4. 機能、装飾が豊富
  5. ブログが更に楽しくなる
  6. テーマ移行が簡単
  7. サポートが充実
  8. 複数のサイトで使用可能
  9. SWELL専用アフィリエイトがある

etc.

『SWELL』のデメリット

続いて、デメリットは以下の3つ

デメリット
  • テーマ代が他と比べて高めの設定
  • YouTubeでの動画解説が少ない
  • フォントサイズの種類が少ない

テーマ代が他と比べて少し高めの設定

SWELLでは価格設定が17,600円

他のメジャーな有料テーマでは

AFFINGER514,800円
JIN14,800円
THE THOR14,800円
STORK10,800円

となっており平均よりやや高めなのデメリットですね。

ですが

SWELLは価格以上の価値があります!

デザイン、機能、SEO対策、サイト表示スピードなど

かなり優れていて、各有料テーマの良いところを集めた非の打ち所がないテーマって感じですね。

何より使いやすく、ブログをやるのが楽しくなるのは

SWELLだからこそ。

使ってみれば納得の価格ってことが分かると思います。

YouTubeでの動画解説が少ない

主にトップページのカスタマイズの件でのことなんですが

ウェブサイトではそれなりに解説のサイトがあるんですけど

YouTubeでは解説動画が少ないんです・・・

僕は動画の方が分かりやすいので

Cocoon使ってた時はYouTubeを見ながら設定を行っていたんですが

SWELLの解説動画は少なくて困った場面もあったのでデメリットとしていれました。

フォントサイズの種類が少ない

こちらに関しては

標準搭載されているフォントサイズが4種類しかないのがデメリットでした。

XSSLXL のみです。

僕のように記事作成の際フォントサイズにこだわる人だったら少し物足りないかもしれませんが

別にそこまでこだわっていない人ならこの4種類あれば十分だと思います。

最後に

はっきり言って

SWELLは最高のテーマです。

今回は

SWELLを1カ月使用してみて分かったメリット、デメリットの紹介でした。

SWELLを検討している方に少しでも参考になれば幸いです。

ではでは

ブログランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる